2017年12月07日

大人シック な カールドノヒュー の ダークパープル

★キーワード★
Karl Donoghue イヤーマフ イヤマフ
カールドノヒュー お手入れ方法 イヤーマフ
ラムスキン イヤマフ ラムスキン イヤーマフ
カールドノヒュー 耳あて イヤーマフ
カールドナヒュー イヤーマフ イヤマフ
マストアイテム 冬小物 防寒アイテム
防寒ファッション イヤーマフ イヤマフ 耳あて



わたしの 防寒アイテム に欠かせない イヤーマフ。

フサフサな トスカーナラムスキン があたたかく、程よいボリューム感があって気に入っています。

クリームベージュを持っていたので、グレーかダークな色のものを買い足したいと思っていたら、リユース品 で、使用感のない美品を見つけました。

よくブラウンはありますが、見つけたのは珍しくてダークなパープルカラーが 大人シックな雰囲気。

単調にパープルパープルしてなくて、ダークブラウン にも見える、深い色のビターなカラートーン。
黒だと少し強すぎるから、ダークパープルっていうのが丁度よく、とてもコーディネートしやすいカラーです。

深い色目にツヤのある毛並みにウットリして、いつも撫でなでしちゃいます♪(笑)

 


今回 リユース品 を購入した為、若干に香水の匂いがして、いい匂いではあったんですが、やはり一度リセットした方がいいかなと、オシャレ着用洗剤 エマール で手洗いしました。

クリームベージュのイヤマフは手洗いしても大丈夫でしたが、今回のイヤマフは、ダークカラーだからか、洗面器の水に少し色落ちしていましたが、乾かしてみたら色褪せしていることなく無事でした(笑)。
いつもは耳あて部のファーの部分しか洗わないのですが、何となく気になって、ベッドアーチの革部分もジャブジャブ洗ってしまい、洗面器の水にもタオルにも色落ちしていて一瞬焦りましたが、乾かしてから大丈夫か見てみると、革部分も傷めることなく大丈夫でした。

リアルファー の イヤマフ のお手入れ方法としては、ぬるま湯で、耳あて部のファーの部分だけをエマールでやさしく揺すり洗いをする。
ベッドアーチの部分は水洗いせず、軽くタオルで拭く程度にしておいた方がいいと思います。

数回すすぎをしたら柔軟剤で仕上げ。
ファー部分を軽く手で絞り、イヤマフをタオルでくるんで軽く30秒から1分弱脱水。
ファーの毛並みを整えながら、ドライヤーの微風で乾燥。
ファーの状態や乾き具合を見ながら、粗めのブラシで毛並みを均しつつ、ドライヤーの微風で乾燥する。
大体乾いてきたら、イヤーマフの内部までしっかり乾かしたいので、半日から1日ほど、直射日光の当たらない、風通しのよい場所で自然乾燥させます。

シーズンの終わりにでも行うと良いと思います。

でも、基本的に洗濯表示にはラムスキンは水洗い不可となっていますので、手洗いする時は、あくまでも自己責任でお願いします(笑)。



 


天候やコーディネートによって、フェルトハットかニット帽、イヤマフを合わせているので、あと欲しいのはグレーのイヤマフなので、機会があれば買い足したいなぁ~♪

 


 
posted by みぃたん♪ at 19:29| My Must Item | 更新情報をチェックする